判断

ねんてんです。

瞑想をやってきたり、やっていきます。

判断に説明を与え意識化することで、自分を操作しやすくしてみます。

キーポイント:判断とは

  • 判断の仕組み
  • 肉体、エーテル体、アストラル体

判断が実現されるとき、ざっくりと次の流れが存在します。

記憶=エーテル体をもとに、

意識=アストラル体が目標を定め、

行動=肉体の運動が生じる。

(そして肉体の運動は記憶され、エーテル体へと情報が戻ってくる循環があります)

 

エーテル体、アストラル体...

なんだかよく分からない言葉が出てきたとお思いでしょう。

私もよくわかりません。

しかしこの言葉の背後には、次のような世界観があると理解しています。

 

判断の主体である私はどう表現できるのか

 

という問いに対して

  

肉体、エーテル体、アストラル体によって私が表現される。

 

という回答を与える世界観です。

なぜなら判断=私は記憶と意識と行動によって実現されているからです。

例題


何か行動を生み出すことで、あなた自身をコントロールしてみましょう。

うまくできないときは「記憶→意識→行動」の情報伝達の中で、

障害が発生しているかもしれません。

あなたが瞑想を作り、瞑想があなたを作ります。やっていきましょう。

魔法の三すくみ


行動,記憶,意識の三すくみ/判断

行動=召喚:実体を生み出す

記憶=回復:ある状態へ向かう力をもつ

意識=反射:観察、反映する機能をもつ

行動>記憶>意識>行動...:関係A>Bは「Aに依存してBが生まれる」ことを意味する

※魔法の三すくみは固定的なものではなく、状況に応じて解釈した一例にすぎません。