脳を覚醒し、苦しみから人生を解放する

ねんてんです。

主体的で、気持ちよく、人生に没頭してみませんか?

脳を覚醒させるスマートエナジーのアチューメントプログラムを紹介します!

Introduction

こんにちは。あなたのメンタルは元気ですか?

わたしのメンタルは不安定ですが、元気です。

 

人間は、レジリエンス(心の柔軟性・回復力)を高めることで、

感受性と活力の両方を高いレベルで発揮できます。

 

レジリエンスが低い状態だと、

高すぎる感受性は、つらいことをよりつらく感じさせて活力を失わせていきます。

高すぎる活力もまた、独りよがりで突き進んでしまい、自分や他人の心を省みる感受性を失わせます。

 

ですから、感受性と活力の両方をバランスよく高めるには、レジリエンスが重要になります。

 

 

このレジリエンスを高めるには、苦しみから解放されることが必要です。

なぜなら、苦しみとは物事に対する執着によって生み出され、

その執着が心の柔軟性を低下・硬直させているからです。

 

 

つまり「どうすれば苦しみから解放されるのか」ということが問題になります。

この問題は、実は、人生をやっていくことによって解決できる問題なのです。

 

こう聞くと、

 

「なぜそう言えるのか?」

「それならば、なぜ人生をやっているのに苦しいのか?」

 

といった疑問があるかもしれません。

 

そこでまずは苦しみとはなんなのかについて説明します。

 

 

仏教によると、人の苦しみは四苦八苦という概念によって分類されています。

根本的な苦しみとされるの四苦、そして、

 

愛別離苦(あいべつりく)

愛するものと別離する苦しみ

怨憎会苦(おんぞうえく)

怨み憎むものと会う苦しみ

求不得苦(きゅうふえく)

求めるものを得ない苦しみ

五蘊盛苦(ごうんじょうく)

活動や感覚に執着する(=生きる) ことによる苦しみ

 

の四つを加えて、四苦八苦と言われています。

 

こうした世界観のもとでは、人生と苦しみは分かち難く、

どうあがいても逃れられない、と感じられるのではないでしょうか。

 

しかしここで、思い出したい現実があります。

 

 

私たちは常にいついかなるときも苦しんでいたのでしょうか?

 

たとえそれが刹那であっても、

苦しくない、気持ちよい瞬間があったのではないでしょうか。

 

 

そうした気持ちよい瞬間を得る条件は、実はたった一つの言葉で言い表せます。

 

それはやっていくということです。

 

やっていくとき、少なくともその瞬間、人は苦しみから解放されるのです。

救いとは、やっていくことなのです。

 

 

今回、この原理に基づくことで、みなさんの人生を盛り上げます。

 

まず、苦しみの新しい分類として

呪いの三すくみという概念を導入します。

 

この呪いと双対をなし、救いを分類する概念である、

祝いの三すくみもまた同時に存在することを紹介します。

 

 

 

人間の生活・行動・活動における障害は、しばしば悪循環を引き起こし、

一つの問題を取り除いても、次の問題が立ちふさがることで、

なかなか苦しみから抜け出せないという構造を持っています。

 

そうした抜け出せない苦しみの仕組みの背景に、

呪いの三すくみが存在しています。

 

その逆に、一度人生がやっていきはじめると、

やっていきは加速して、救いがやってきます。

 

 

ではこれらの三すくみを紹介していきます。

 

 

呪いの三すくみ

人間の苦しみは、大きく三つに分けられます。

 

1.行動を始められない

2.行動を続けられない

3.とにかくつらい

 

救いとは、やっていくことです。

 

ですから「やっていくことができない」ことが、苦しみです。

 

「やっていくことができない」とはすなわち、

始められない・続けられない ということであり、とにかくつらい ということです。

 

この三つの苦しみには、相生関係にある三すくみが存在しています。

それは、

 

行動を始められない、だから、行動を続けられない。

行動を続けられない、だから、とにかくつらい。

とにかくつらい、だから、行動を始められない。

 

という悪循環の関係です。この関係を呪いの三すくみといいます。

 

メンタルが悪循環に陥ると、現状を変えることはより大変な努力が必要になっていきます。


祝いの三すくみ

人間の救いも、大きく三つに分けられます。

 

1.行動を始める・実現する

2.気持ちいい

3.行動を続ける

 

この三つにも、相生関係の三すくみが存在します。

それは、

 

行動を始めれば、我を忘れて気持ちよくなる。

我を忘れて気持ちいいから、集中できて行動が続けられる。

行動を続ければ、そのうち目標が実現できる。

そうしてなにかを実現すれば気持ちよくなる。

 

という好循環の関係です。この関係を祝いの三すくみといいます。

 

祝いの三すくみは、呪いの三すくみと双対の関係にあります。

そのため、祝いの三すくみのエネルギーの流れは、

呪いの三すくみに比べて逆転した向きで流れています。

 

祝いの三すくみの各要素は、覚醒している脳の特徴にも繋がっています。

それは、脳の状態が主体的であり、無我夢中で心地よい、いわゆるゾーン状態であり、

目標を達成するための因果を察知しているということです。

 

 

こうした祝いの三すくみを人生に定着させるには、

些細な行動であってもゴールを意識し、実現できたことを確認し、

成功体験として自分自身に成果を学習させていくことが大切です。


3-Types Smart Energy

やりたくないことばかりをやり続けると、

行動することによる喜びを感じる力が次第に失われていきます。

 

そうすると、新しい行動に取り組む活力が失われ、

物事に対する集中力も失われていく悪循環に陥りやすいです。

 

やっていけばいい ということがわかっていても、

やっていくことができない悪循環が呪いの三すくみでした。

 

そんな世界に内在された呪いを解放し、

苦しい人生から救いのある人生へと転換するにはどうしたらいいのでしょうか?

 

答えは常に、やっていくことです。 

 

今回、みなさんのやっていきに向けて、やっていくためのサービスを用意しました。

 

それは世界がもつ呪いを解放し、救いへと変えていく

魔法のエネルギーであるスマートエナジーです。

 

スマートエナジーとは、魂にはたらきかけ脳の機能を向上させることで

苦しみの連鎖を解いていくエネルギーのことです。

 

 

人間の三つの苦しみそれぞれに対応するため、

スマートエナジーには3つのタイプが存在しています。

 

1.召喚型:コール

精神と身体の連動性を高め、身体パターンを解放し活動性を高めます。

行動が始まるよう働きかけます。

 

2.反射型:リフレクト

魂を浄化する癒しが、精神の反応性と柔軟性を高めます。

気持ちよくなるよう働きかけます。

 

3.回復型:ヒール

エネルギー循環の効率化により、脳の覚醒を促し集中力を高めます。

行動を続けられるよう働きかけます。

 

メンタルの状態に応じた3つのエネルギーによって、

呪いの三すくみを、祝いの三すくみへと好転させるきっかけを作り出すことができます。

 

 

このエネルギーを受け取るにあたり、最も大切なことが一つあります。

 

それは、自分の感情を意図的に誤魔化さないように意識するということです。

 

どうでもいいことだけ  をやっていくためではなく、

やっていきたいことまでできるようにする ために

スマートエナジーを使って欲しい。

 

そういう理由で、自分の感情に向き合うことに同意いただける方に、スマートエナジーをご紹介しています。

 (※自分の感情に向き合えない・わからない方向けに、自分の感情を意識に映しだすことをサポートするワークも準備中です)

 

 

人生を好転するパターンを作ります。

やっていきましょう。

 

スマートエナジー・アンロック

スマートエナジーが必要な瞬間、即座に自分でヒーリング可能に。能力解錠の遠隔アチューメント。

コール・リフレクト・ヒールの3タイプのスマートエナジー全てをアンロックする。

ご相談もお気軽に。

¥36,363

スマートエナジー・シュードインスタント

一回限りの無償ヒーリング。

 

スマートエナジーは、自己のブロック・負の感情を自覚した瞬間に使用した方が、より効果が発揮されます。

ですが、即時対応をお約束できないため、ご相談させていただいた日程でのヒーリングとなります。

より便利に脳を覚醒したい方には、スマートエナジー・アンロックをオススメします。

 

 

各効果

召喚型:コール・・・行動を起こす

反射型:リフレクト・つらさを浄化

回復型:ヒール・・・集中へ向かう

¥0